図面作図の新規性 Tekla Structuresによるデータの一括管理
 図面作図の概要(技術・設備・作図形態・外注状況)


@ モデルによる情報の一元管理

 ・部材間および部材〜ボルト間の干渉

 ・部材追加・変更時におけるモデル〜図面間の整合性の確保

 ・ボルト数や部材構成・重量の確認
 AB モデルからボルトリスト(工場・現場)製品リスト・部材リスト・部品図・図面リスト等をリアルタイム
      に作成が出来ます。
 C 作成したモデルに対して詳細図・断面図を自動的に 作成し、テキスト挿入等の図面編集機能を備え、すべての図面が
     モデル と連動しており、リビジョン管理を簡単にする。
 D 溶接の実長さが自動的に出てくる。  
 E 御社の作図基準図に基づいた詳細図に修正作図
 F 工場製作への連動が可能。
 
 
 
 
 
 
 

・Xスチールを使用することで精度と効率の向上、人為的ミスの撲滅によってプロジェクト
 全体の品質の向上が可能となります。

・データの一環管理に依って低コスト高品質の商品を提供することが出来ると確信いたしま
 す。

・弊社は生産性の向上を海外スタッフの監理を基軸に迅速かつ正確そして信頼のおける体制で
 実現いたします。